太陽光発電経費削減キット『カットくん』を取り付けました

太陽光発電経費削減キット「カットくん」野立太陽光
ブログ応援お願いします にほんブログ村・人気ブログランキング2つ押してください

5年前に設置した野立太陽光発電所に太陽光発電経費削減キット『カットくん』を取り付けました

『カットくん』の取り付けで毎月の定額電灯料金約2100円が従量電灯料金約100円になりますので『カットくん』の取り付け費用66,000円を3年弱で回収できることになります

野立太陽光発電所で経費削減をお考えの方には参考になると思いますので是非最後まで読んでみてください

 

太陽光発電経費削減キット『カットくん』とは

低圧の太陽光発電所を設置した場合、パワコン(単相100V)の待機電力の契約は、最初必ず定額電灯契約となります

リマくんが設置した太陽光発電所も9台の単相100Vパワコンが付いており、毎月約2,100円の定額電灯料金が掛かっています

しかし実際にはパワコンの待機電力はほとんどかかっていません!

つまり電力をほとんど使っていないのに、定額電灯契約で毎月2,100円請求されており損をしています

そこで「草刈り機」や「高圧洗浄機」用の外部コンセント(カットくん)を設置する名目で電力会社に申請を行い従量電灯に変更してもらいます

従量電灯に変更すれば実際に使った分の電気代を請求されますので新電力会社のLooopで契約すると毎月の電気代が約100円になります

草刈り機バッテリー用の外部コンセントが欲しいと思っており『カットくん』の取り付けは正に一石二鳥となりました

 

太陽光発電経費削減キット『カットくん』でどれだけ経費削減できるか?

太陽光発電所を設置してから現在5年が経過していますので、固定買取期間が残り15年となります

 

カットくんを取り付けしない場合

15年間の定額電灯料金 毎月2,100円×12か月×15年=378,000円

 

カットくんを取り付けした場合

カットくんの設置費用 66,000円

15年間の従量電灯料金 毎月100円×12か月×15年=18,000円

 

『カットくん』の取り付けにより15年間で約30万円の電気代の削減ができます

太陽光発電所は固定買取期間20年経過後も安定的な収入をもたらしてくれますので、長期保有をお考えの方は導入を検討してみてはいかがでしょうか?

※パワコンの設置台数により月々安くなる金額が変わりますのでご注意ください

「塵も積もれば山となる」という言葉がありますが、正にこのことではないでしょうか

 

稼ぐブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
参考になった方は押してください

コメント

タイトルとURLをコピーしました