新規金融機関の開拓

収益物件投資
ブログ応援お願いします にほんブログ村・人気ブログランキング2つ押してください

本日は地元の不動産投資家T郎さんとK子さんご夫婦よりご紹介頂いた金融機関にご挨拶に伺いました

新規金融機関の開拓は飛び込みで行うより不動産会社や不動産投資家からの紹介の方がしっかりと話を聞いて頂けるのでお勧めです

今日ご挨拶に伺った金融機関は融資取引が無い金融機関でしたので、不動産投資を始めて11年間のデータ一式を準備しました

 

新規金融機関開拓に持参した方がいい書類一覧

1.経歴書

氏名・住所・生年月日・家族構成・勤務先・入社年月日・所属・仕事内容・資格・会社員の経歴

 

2.所有不動産一覧(エクセル)

写真・住所・種類(アパート・マンション・戸建)・間取り・土地面積・建物面積・構造・築年月・取得年月・購入額・購入利回り・リフォーム代込みの利回り・総戸数・空室・入居率・満室月額家賃・当月家賃・管理費・実質入金額・月々返済額・年間返済額・当初借入金・残債額・借入先・金利・返済残年数・固定資産税・火災保険年額

所有棟数が増えていくと所有物件の整理が難しくなっていきます

所有不動産一覧を作成することでスッキリと整理も出来ますし金融機関開拓でも利用できて一石二鳥です

 

3.毎年の入居率推移表(エクセル)

金融機関は入居率の推移に興味を持っていますので、分かりやすい一覧表を作っています

入居と退去毎にエクセルに入力していくことは大変ですが、毎年の入居率の推移を確認し、対策を練ることは不動産投資の根幹に関わることですので作成をお勧めします

 

4.給与収入・不動産収入・太陽光売電収入推移表(エクセル)

収入が着実に増加していることをアピールできます

 

5.金融資産一覧(エクセル)

現金・株・保険等の現時点での金融資産をまとめています

金融資産ではありませんが、退職金制度が有る会社でしたら退職金も合わせて載せてもいいと思います

また本人だけでなく妻や子供の金融資産も載せましょう

 

6.過去3年分の確定申告書

 

 

今日は具体的な物件の持ち込みを行ったわけではありませんでしたが、上記書類を融資担当者にしっかりと説明ができましたので、『今後優良収益物件が見つかった時は是非融資審査をさせてください』と嬉しい返事を頂くことができました

 

新規金融機関の開拓も順調に進んできましたので、早く次の購入希望物件が見つかるように、そちらの活動も積極的に行なっていきたいです (^_^)

 

 

稼ぐブログランキング

ランキング10位以内を目指しています  現在19位  参考になった方は押してください

コメント

タイトルとURLをコピーしました