1棟目がなかなか買えない人5つの特徴

収益物件投資
ブログ応援お願いします にほんブログ村・人気ブログランキング2つ押してください

『いい物件がなくて、なかなか買えないんです・・・』この言葉は初心者から上級者までよく言ってしまう言葉です

しかし上級者はそんなことを言ってた1か月後にサクッと購入していたというのはよくあることです

もったいないのは初心者の人で、1年も2年も『いい物件がなくて、なかなか買えないんです・・・』と言い続けている人が多いことです

そして不動産投資に対する熱も冷めてしまう・・・もったいない( ノД`)

初心者にありがちな1棟目が買えない人5つの特徴を解説します

  1. 条件が厳しすぎる
  2. 探す量が不足している
  3. 身の丈をわきまえていない
  4. エリアを限定し過ぎている
  5. 勉強するほど物件の欠点が気になる

1.条件が厳しすぎる

駅から徒歩10分以内・築10年以内・利回りもそこそこ欲しい等、極端な例かもしれませんが条件が厳しすぎることが多いです

そもそも誰もが欲しい優良物件というのは基本的に存在しません

優良物件なら仲介会社が自社所有用に購入を検討するでしょうし、まして初心者に情報が回ってくることはまず無いでしょう

2.探す量が不足している

納得のいく物件がなかなか見つからない場合は、行動量が不足しているか・条件が厳しすぎる可能性があります

3.身の丈をわきまえていない

自己資金が少なく、高属性でもない初心者の人に、最初から中型・大型物件の購入は難しいです

どのような物件からスタートできるのか自分の属性・金融資産等を金融機関や不動産業者に開示してヒアリングすることが必要です

4.エリアを限定し過ぎている

初心者の人は住環境がよくわかる居住地の市町村で探すことが多い傾向があります

エリアを限定し過ぎると優良物件が見つかる可能性が低くなってしまいます

自宅から車で片道1時間位のエリアは物件調査や購入後の管理もサラリーマンを続けながらもできるかと思いますので可能な限りエリアは広げましょう

5.勉強するほど物件の欠点が気になる

まったくの無知でスタートすることも当然危険ですが、書籍やネットから勉強をすればするほど知識が付き理想が高くなりがちです

一部妥協するぐらいの割り切りがないと不動産投資をスタートできないのかもしれません

ランキング10位以内を目指しています  現在14位  参考になった方は押してください

コメント

タイトルとURLをコピーしました