40代・50代からはじめる不動産投資について

収益物件投資
ブログ応援お願いします にほんブログ村・人気ブログランキング2つ押してください

本日は40代・50代からはじめる不動産投資について解説します

40代・50代の方で不動産投資に興味があるが、リスクがありそうだし迷っている方も多いのではないでしょうか?

40代になるとサラリーマンとして自分の将来は、だいたい予想がついていると思います

役員になれば定年はなくなりますが、役員になれるのはほんの一握り

ほとんどのサラリーマンは会社の規定通り60歳か65歳で定年を迎えます

40代・50代からでも不動産投資をお勧めする理由
  1. 60代から不動産投資を始めたくても融資が厳しい
  2. 40代・50代は自己資金も貯まっている
  3. 定年後も不動産投資を通じて生涯現役で活躍できる

 

60代から不動産投資を始めたくても融資が厳しい

定年退職してから不動産投資を始めたくても地主・資産家で無い限り融資が厳しいです

自己資金のみで不動産投資を行っても思うように規模拡大ができません

定年退職後も不動産投資で融資を受ける為には個人で融資を受けるより資産管理法人を作り始めることをお勧めします

法人の方が60代は圧倒的に融資が受けやすいからです

60代になると気力・体力も徐々に落ちていきますので、地主・資産家でない普通のサラリーマンの場合、50代が不動産投資が出来る最後のチャンスとなります

 

40代・50代は自己資金も貯まっている

自分や家族の将来を見越して毎月堅実に貯金をしてきた方は、40代・50代になると数千万円が貯まってきます

銀行で定期預金に預けていても、ほとんど増えません

最近はあらゆる生活必需品の値段が上がってきています

今後は日本でもインフレ傾向に向かうのは確実です

40代・50代は20代・30代よりも自己資金が貯まっていることが最大のアドバンデージです

不動産投資を始めるには、ある程度の自己資金が必要となります

せっかくの財産です

銀行で眠らせるのではなく、自分と家族の為に利用しましょう

不動産投資には老後の2000万円問題を楽々解消できるだけのパワーがあります

定年後も不動産投資を通じて生涯現役で活躍できる

「会社を辞めてから友達がいなくなった」という男性が多いそうです (=_=;)

友達が一人もいない割合は、60代男性は40%弱、70代男性以上は50%に達するそうです

定年後は友達もいなく、やることがないので毎日午前中は一人で図書館、 午後は一人でジム通い

チョットだけうらやましい感じもしますが、そんな生活が毎日続くと思うとゾッとします

不動産投資家は情報交換と称して飲み会が好きな人が多いです

人生における価値観が似ているので一度飲みに行くと誰とでも直ぐに友達になります

また不動産投資は健康なうちはアパートの清掃も自分で出来ます

週に1回から2回労働しても全然苦にならないと思います

労働して汗をかいた後のビールは最高です

また購入案件の調査、募集店訪問、リフォーム業者との打ち合わせ等自分のペースで生涯現役で事業を進めることができます

これらの点も不動産投資の大きな魅力だと思います

ではどのような収益不動産が40代・50代にお勧めなのでしょうか?

また詳しく解説させて頂きます

 

稼ぐブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
参考になった方は押してください

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました